平均寿命と健康寿命の違いを解説!二つの差があなたの人生を決める

otosiyori

「長生きしたい」と思った事はありますか?
あなたも早死にするくらいなら長生きする方を選びますよね。

長生きには二種類あります。・ベッドで寝たきりの長生き・元気いっぱいの長生きです。
もちろん元気いっぱいの長生きの方が良いですよね。

その為に必要な知識が「平均寿命と健康寿命の違い」です。
あなたはこの違いをすぐに答えられますか?

もし答えられなかったらこの記事を読んで頭に叩き込んでおいてください。
この二つは全く違います。間違えて覚えてしまうとベッドで寝たきりの不健康な人生を送ってしまうかもしれません。

“不健康でつまらなくて家族にも社会にも迷惑かけまくりの人生”を「長生きできて良い人生だったな」と勘違いしてしまいます。

今回の内容は「平均寿命と健康寿命の違い」だけではありません。
「どうすれば元気で充実した人生を送れるか」もたっぷりお話しします。

実際に昔の人が何百年も前からやってきた方法です。
“人類普遍の健康法則”と思って聞いてください。
「つまらなくて不健康な未来」ではなく「充実した健康な未来」を手に入れてください。

平均寿命と健康寿命の違い

充実した人生を送る為に「二つの違いを知る事」は欠かせません。
しっかり頭に入れておきましょう。

平均寿命

平均寿命は「”・生まれたばかりの・0歳の赤ちゃんが何歳まで生きられるか”の平均値」です。
Aちゃんが70歳、B君が80歳、Cちゃんが90歳まで生きたとします。
この3人の平均寿命は80歳です。

AちゃんとCちゃん、どちらの人生が良いと思いますか?
寿命だけを見たら90歳まで生きたCちゃんですよね。

もう少し細かく見てみましょう。
Aちゃんは70年間元気いっぱいで過ごしたとします。

Cちゃんは・食事をあまり取らない・運動も全然しない・生活習慣が不規則・よく病気になるで10歳~90歳までベッドで寝たきりだったらどうですか?

“70年間元気いっぱいで過ごしたAちゃん”と”10年間元気いっぱいで過ごしたCちゃん”どちらが良いですか?
圧倒的にAちゃんですよね。

「何年間生命を維持したか?」も大切です。
ですが「何年間元気いっぱいで過ごしたか?」の方が大切ですよね。

何百年生きてもずっとベッドで寝たきりの退屈な人生だったら嫌です。
「一番ツラいのは退屈な人生」とよく言いますよね。

健康寿命

健康寿命は平均寿命と全く違う物です。
健康寿命の正しい定義を見てみましょう。

「厚生労働省が認定!健康寿命の正しい定義」の記事はこちら

今まで「寿命、寿命」と言っていたのは全て平均寿命でした。
この記事を読んでいるあなたは「健康寿命」という概念も取り入れてください。
「生命を維持する平均寿命」と「充実した健康的な生活を送る健康寿命」というイメージを持ってください。

二つの間にある物

平均寿命と健康寿命でどちらが長いと思いますか?
もちろん平均寿命ですよね。この二つには差があります。

「平均寿命-健康寿命」は何だと思いますか?不健康な期間です。
病気や怪我でベッドで寝たきりの期間です。

不健康な期間は沢山の人に負担がかかります。
本人は普段のように動けなくて苦しみます。

家族は介護が大変です。学校、職場の人はその人が休んで困ります
国は生活保護など費用がかかります。良い事は一つも無いです。
あなたも周りの人も嫌な思いをします。

「こんなに迷惑をかけるくらいなら死んだ方がマシ」という人もいます。
確かにまずい薬を飲んで多額の治療費を払い続ける生活なんて続けたくないですよね。

平均寿命は長ければ長いほど良いです。
ですが健康寿命が短く不健康な期間が長ければ意味がありません。
「何の為に生きているんだろう?」とつらく苦しい毎日が延々と続きます。

「不健康な期間」を減らすのが大事です。
平均寿命は努力で延ばすのに限界があります。

ですが健康寿命を延ばす、不健康な期間を縮めるのは可能です。
あなたのちょっとした努力でコントロールできます。

「寝たきりの退屈な未来」と「元気いっぱいで充実した未来」どちらが良いですか?
後者ですよね。病気になってから健康体に戻すのは大変です。

“大きな病気にかかっていない今”から始めましょう。
その方が最小限の努力で最大の効果を得られます。

「健康寿命を延ばす方法」と「不健康な期間を縮める方法」は根本的には同じです。
ですが分けて考えると理解しやすいです。
「健康寿命を延ばす方法がアクセルを踏む、不健康な期間を縮める方法がブレーキを外す」と考えてください。

どんなにアクセルを踏んでもブレーキを精いっぱい踏んでいたら前に進みません。
アクセル、ブレーキ両方を意識すると”最速”であなたの現実は変わり始めます。。

健康寿命を延ばす方法

健康寿命を延ばす方法は簡単です。「健康になる事をする」だけです。
普段から「何が体にいいかな?」と考えるクセをつけてください。

・野菜を沢山食べる・肉より魚を意識して食べる・腹八分目で抑える・定期的に体を動かす・夢中になれる趣味を持つ・規則正しい生活をする・乳製品を取る・発酵食品を食べる・大豆製品を取る・海藻を食べる・キノコを食べる・リラックスする時間を作る

「日本一の長寿県”長野県”」からヒントを得るのもオススメです。
「死亡率トップクラスの長野県が日本一の長寿県になるまで」の記事はこちら

他にも健康寿命を延ばす方法は沢山あります。参考にしてください。
「ちょっと強引な健康寿命を延ばす5つ方法」の記事はこちら

不健康な期間を縮める方法

「不健康な期間を縮める方法」は「不健康になる事をやらない」がカギです。
まずは一つで良いのでやってみてください。

・お酒を飲まない・タバコを吸わない・添加物はできるだけ避ける・ストレス解消の手段を持つ・定期的に休憩する・仕事、勉強、運動、食事など無理しすぎない・悩みや不安を引きずらない・完璧主義を目指さない・夜更かししない

・塩分を取りすぎない・同じ物ばかり食べない・熱すぎる物、冷たすぎる物を食べない・コゲた部分は食べない。ネガティブな人に近寄らない・必要以上に薬を飲まないなどです。

沢山の方法があります。
色々試して「コレは自分に合っている!」という物を見つけてください。

後は自分に合っている物を組み合わせて”あなただけの成功法則”を作りましょう。
一生の財産になりますから。

まとめ

平均寿命と健康寿命は全く違います。
健康になる為にとても大切なので違いをしっかり抑えておきましょう。
「平均寿命-健康寿命」が不健康な期間です。

「健康寿命をどれだけ延ばせるか・不健康な期間をどれだけ縮められるか」があなたの人生の充実度、幸福度を決めます。

それぞれの方法を沢山紹介しました。
あなたに合っている物を組み合わせて「あなたに一番効果のあるオリジナルメニュー」を作ってください。

コメントを残す