健康寿命の世界ランキングを遂に公開!一位は日本じゃなくて○○

ran

「日本人は長生きだ」と聞いて疑う人はいないですよね。
日本人の寿命は20年以上世界一です。

実は寿命だけ長くても意味がありません。
植物状態で300年間生きている人を想像してみてください。
楽しそうじゃないですよね。

人間らしく充実した人生にするには寿命よりもっと大切な物があります。
「健康寿命」です。「健康寿命ってなに?」と思うかもしれません。
意味をこれからお話しするのでしっかり覚えて欲しいです。

「健康寿命の意味とちょっと強引に延ばす方法」を知ればあなたの人生の質は飛躍的に上がります。

日本人の寿命は世界一ですが健康寿命は世界一ではありません。
トップに君臨する「ある国」がいます。

数々のデータから分析した「世界健康寿命ランキング」をあなたに公開します。
多くの人が寿命だけに目を奪われている中で健康寿命に注目したあなたは素晴らしいです。

大事そうに見える事ではなく本当に大事な事に気づいたのですから。
寿命を無駄に延ばすのではなく健康寿命をしっかりと延ばしていきましょう。

健康寿命の定義をしっかり抑えておきましょう。
コレを知っているのと知らないのとでは
今回の記事の役立ち度が3倍違いますから。

「厚生労働省認定!健康寿命の正しい定義」の記事はこちら

世界の健康寿命ランキング

①シンガポール(76歳)

健康寿命ランキング世界一はシンガポールです。
実はシンガポールは健康度ランキング世界一です。

なぜそんなに健康なのでしょうか?
・アルコール。タバコの税金が信じられないくらい高い・公共の場で泥酔すると犯罪になる・運動施設、公園、ジムが多く運動しやすい・肥満は徴兵制度の期間が長くなる・排気ガスを規制して環境整備をしているなどが理由です。

健康への対策がかなり徹底していますね。
タバコ、酒、排気ガスなど健康に害がある物は税金、規制でやりにくいです。
運動など健康に良いはしやすいです。

「健康に悪い事をするハードル」を上げて「健康に良い事をするハードル」を下げているので普通に生活しているだけでも健康になります。
健康寿命が世界一な事にも納得できます。

②日本(75歳)

シンガポールには負けていますが日本の健康寿命もかなり長いです。
健康寿命が長い理由の一つに日本食があります。

和食はこれまで人の心を和ませてきてこれからも人の心を和ませます。
「心を和ませる食事」が日本食なんです。

・旬の素材をぜいたくに使う・余計な味付けをせずに素材の味を活かす・食材にあった絶妙な調理方法・油を最低限しか使わなくてヘルシー・野菜が多く食物繊維たっぷりなどが特徴です。

普段食べていると分かりませんが和食は世界に誇れる食文化です。
せっかく日本に生まれたのですから毎日は難しくても定期的に和食を食べてください。

世界トップクラスの衛生面も健康寿命を引き上げている原因です。
他の国では・狂犬病が当たり前にある・食材を消毒していない素手で触る・水道の水を飲むとお腹を壊すという事が当たり前にあります。

日本に住んでいると忘れがちですが
当たり前に見えるが当たり前ではない幸せに感謝しましょう。

③キプロス(74歳)

キプロスって知っていますか?
あまり聞かない国名ですよね。

ヨーロッパの地中海の近くにある国です。
キプロスの健康寿命はここ数年でかなり延びています。

2000年には69歳だったのが2012年には74歳になっています。
これからもどんどん延びていきそうです。
日本もうかうかしていられませんね。

水道普及率、トイレ普及率は世界第四位です。
一見健康に直接関わらないような所をしっかり整えた結果が健康寿命の延びにつながっています。

キプロスは水道水をそのまま飲める数少ない国です。
医療サービスも質が高いです。

キプロスに行くならヨーロッパ健康保険カードを持っていきましょう。
もし救急治療を受ける時に無料になりますから。

公立病院の処方箋も無料です
医療サービスがかなり充実していますね。

キプロスは治安も良くて家や車に鍵をかけない人が多いです。
心地よくて住みやすい国ですね。

④サンマリノ(73歳)

サンマリノはイタリア半島にあります。
かなり小さい国で面積は東京都の35分の1です。

景色がとても綺麗で国の収入の半分が観光業です。
あなたも一度行ってほしいです。
息が止まるほどの絶景が待っていますから。

サンマリノ人に長寿の秘訣を聞いてみたら「悩まないでよく笑う事」と言っていました。
悩まないでよく笑えばストレスがたまらなくて楽しくなってきますよね。

あなたもサンマリノ流長寿の秘訣「悩まないでよく笑う」を実践してください。
「病気の発症率」は世界でかなり低いです。

笑う事は免疫力を高めます。
「明るくよく笑う風土」が病気の少なさにつながっています。

空気もおいしく明るい人が多く景色がとても綺麗です。
ストレスがたまる事よりもストレスが無くなる事の方が多いくらいです。

ストレスを抱えている人が他の国と比べて圧倒的に少ないのも健康寿命が長い理由です。

⑤スイス(73歳)

スイスはあなたも知っていますよね。
ヨーロッパにある国です。

スイスの幸福度は世界ランキング3位です。
幸せに生きているのでストレスたまりにくくみんな活動的です。
うつ病の発症率も低いです。

幸せでなければ精神病になったり自殺してしまいますよね。
幸福度は健康に大きなつながりがあります。

スイスは薬が手に入れにくいのが特徴です。
スーパーでは基本的に売っていません。

薬局に行っても奥の方にしまってあるので店員さんに言わないと薬を出してくれません。
さらに日本と比べて高額です。

ですから医者に行ったり薬を飲まずに自己治癒力を高めている人が多いです。
風邪になって病院に行く人、薬を飲む人は基本的にいません。

力技にも見えますが「病院、医者に頼らない生活」が免疫力を高め健康寿命を延ばすのに貢献しています。

日本の健康寿命の落とし穴

「日本の健康寿命は世界二位なんだ!すごいじゃん」と思うかもしれません。
ですがここに一つ落とし穴があります。

「寝たきり期間」です。「なにそれ?」と思いますよね。
「平均寿命-健康寿命=寝たきり期間」です。

いくら健康寿命が長くても平均寿命が長ければ「不健康な状態の期間(寝たきり期間)」が増えてしまいます。

日本の平均寿命は84歳です。
寝たきり期間は84-75=9で9年間あります。

他の国の寝たきり期間は基本的に7年以下です。
日本の医療技術が進歩し寿命を延ばす事はできるようになりました。

ですが寝たきり期間を延ばすだけでは意味がありません。
・植物状態で心臓だけ動いている・自分で呼吸ができずに人工呼吸器に頼る・食事が自分でできなくチューブで栄養を送っているなどの状態です。

これではあまり生きる実感を感じられませんよね。
「死んだ方がマシ」と言う人もいるくらいです。

寿命はもちろん大事です。
ですが一番大事なのは健康寿命をできるだけ延ばし寝たきり期間をできるだけ縮める事です。

あなたには無駄に寿命だけ延ばしてほしくありません。
本当に生きていると言える「健康寿命」をしっかり延ばしてください。
それが充実した人生、後悔のない人生につながっているのですから。

「健康寿命を延ばすちょっと強引な5つの方法!」の記事はこちら

5つの方法を少しでも良いのでやってみてください。
そうすれば健康寿命が延びて寝たきり期間が縮まります。

健康寿命が長い国の良いトコ取り

健康寿命が長い国のマネをすればあなたも健康になれます。
「植物状態で寿命だけ長い」なんて事が無くなります。

健康寿命が長い国の良いトコ取りをしたので試してください。
あなたの健康寿命は世界トップクラスに生まれ変わります。

・アルコールを飲まない・タバコは吸わない・しっかり運動する・不健康な事にはペナルティーを作る・汚い空気は吸わない・野菜をしっかり食べる・旬の野菜を食べる
・余計な味付けをしないで素材の味を楽しむ。油を使いすぎない

・治安の良い国に住む・周りの人が温かい所に住む・医療サービスを整える・悩まないでよく笑う・ストレスをためない・綺麗な景色を見る・医者や薬に頼らず自己治癒力を高める・幸福度を上げる・寿命ではなく健康寿命を延ばすなどです。

沢山ありますよね。
「できそうだな」と思う物をまず一つやってみてください。

日常生活に取り入れやすい物がほとんどです。
取り入れればあなたの人生の質は飛躍的に高まります。

まとめ

健康寿命は日本よりシンガポールの方が長いです。
ただ生きているだけの寿命より充実した人生を生きている健康寿命を重視してください。

植物状態で何百年生きてもつまらないです。
「健康寿命を延ばす5つの方法」を試して「本当の寿命」を手に入れてください。

コメントを残す