[男の恋愛]知らないと危険!好意を行動で示す時の3つの注意点①

aer_r_r

あなたは女性に好意を示す時に
どうやっていますか?

「好き」と告白するかもしれません。
「かわいいね」とほめるかもしれません。

ですがストレートに好意を示すと
「いきなり困る」
「何が目的なんだ、こいつは?」と
思われます。

「好意を行動で示す時の注意点」
あるので紹介します。

 

①ストレートに伝えない

「気持ちはしっかり伝えなさい」と
あなたは教えられて育ったかもしれません。

ですが恋愛では
ストレートに好意を伝えるとダメです。

「なんでダメなの?」
とあなたは思いますよね。

好意が伝わりすぎるからです。

好意が空回りして
「気持ち悪い」と思われる事があります。

「この男は私を好きだから
言いなりになる、都合の良い男」と
女性が調子に乗る事もあります。

女性は男性に引っ張って欲しい生き物です。

「男が自分の言いなりになる、
自分の事で頭がいっぱい」と気づくと
恋愛感情が冷めていきます。

「手に入れる前は欲しかったけど
手に入れたら欲しい感情が弱まる」って
よくありますよね。

物、人間、地位など
なんでも当てはまります。

好意を伝える時に大切なのが
「決定的な答えを与えない」です。

普段は好意を示さないのに
急に「好きだ」と告白すると
女性は困ります。

「いきなり、どうした」
「そもそも恋愛対象じゃないし」と
思われます。

普段中途半端に好意を示すが
決定的な答えを出さないと
女性はドキドキします。

「私の事、嫌いじゃなさそうだけど
からかってきたりする」

「他の男と違う態度で接してきて
底が見えないな、
器が大きい男なのかな」

「好きなのか嫌いなのか分からない、
考えても考えても分からない、

どっちか分からないから
考える度にドキドキするな」
と思います。

からかうのは恋愛で大切なので
抑えておいてください。

「女性の感情を暴走させる!
正しいからかい方」の記事はこちら

「決定的な好意を与えないって
どうやるの?」と
あなたは思いますよね。

好意を伝える時は
「冗談っぽく好意を伝える」
「からかう態度で好意を伝える」
という姿勢です。

心構えは
「女性は好きだけど必要じゃない」

「お前がいなくても
他に女性の選択肢があるから
どうでも良いよ」という
心構えでいてください。

「決定的な答えを示さないで
女性に想像させる事」が
恋愛では大切です。

もっと詳しく見ていきましょう。

「女性に好意を伝える時の
3つの注意点②
想像させる事でキスもできる」の記事はこちら

まとめ

好意をストレートに伝えると
好意が伝わりすぎるので
注意してください。

決定的な答えを示すと
好意が空回りして
嫌われる事もあります。

決定的な答えを与えないで
女性に考えさせましょう。

女性は考えても考えても分からないので
想像を繰り返してドキドキします。

「感情を動かす」は
魅力的な男とへタレを分けます。

「正しいほめ方」を知って
魅力的なコミュニケーションを
身に着けてください。

「モテ男とへタレを分ける!
正しいほめ方」の記事はこちら

コメントを残す