[男の恋愛]緊張して気持ちを伝えられない時の5つの対策③

1_r_r

「女性に声をかける時」
「女性と二人きりになった時」
あなたは緊張しませんか?

話しかけたり、告白したくても
緊張して気持ちを
伝えられない時があります。

そんな時に役立つ5つの対策③を
紹介します。

「緊張した時に役立つ
5つの対策②」の記事はこちら

 

④想像上の恐怖はないと知る

「やる前は怖かったけど
やってみたら意外と簡単にできた」
という事があなたはありませんか?

誰でも一度は経験があると思います。
「実際の恐怖」は「想像の恐怖」の
30%くらいです。

「何で想像の恐怖の方が実際の恐怖より
小さいの?」とあなたは思いますよね。

人間は恐怖を感じないと
生きていけない生き物だからです。

この機能は原始時代から
ずっとあります。

もし原始時代に猛獣が目の前にいて
恐怖を感じなかったら
どうなると思いますか?

食べられて
命を落としてしまいますよね。

人間は恐怖を感じるから
生き延びる事ができます。

「人間の脳は恐怖を感じるのが前提」
覚えておいてください。

現代社会で命を落とす恐怖は
ほとんどありません。

ですが人間の脳は
原始時代とあまり変わりません。

脳が「恐怖を感じないと!」と
指令を出して
怖を感じさせているのです。

命の危険が無い現代社会では
命に危険が無い事に

「必要以上に恐怖を感じさせられている事」
がほとんどです。

「想像の恐怖はウソの恐怖なんだ」と気づくと
恐怖への思いが変わってきます。

「でも、女性に声をかけられない!」と
あなたは思うかもしれません。

恥ずかしいのは一瞬です。
勇気を出して飛び込んでみませんか?

「一瞬の恥ずかしい気持ち」に負けて
「一生役立つ魅力を得るチャンス」
捨てるのはもったいないと思いませんか?

少し勇気を出して
エイッと飛び込んで欲しいです。

まとめ

「想像の恐怖」は「実際の恐怖」の
30%くらいです。

現代社会では
必要以上に恐怖を感じさせられている事が
ほとんどです。

「想像の恐怖はウソの恐怖なんだ」と
気づくのが大切です。

「一瞬の恥ずかしい気持ち」に負けないで
「一生役立つ魅力を得るチャンス」を
手に入れて欲しいです。

コメントを残す