健康の為にダイエットしたい!あなたにピッタリの運動を教えます

undou

ダイエットしようと運動法を調べてみました。
ですが沢山あってどれが良いか分かりません。

「一ヶ月で10kgやせる!」と夢のような運動法もあります。
ですがツラい運動は嫌です。怪我の危険がある運動はしたくありません。
「足を骨折して学校や仕事に行けなくなった」なんて困りますよね。

僕がたどりついたのは“安全に楽しく続けられる運動法”です。
沢山集めたのであなたにピッタリの物が見つかるでしょう。

僕はこれから話す運動法で実際にダイエットできました。
鏡を見る度に「こんな体は嫌だな」と思っていました。
ですが今では「オレの体なかなか良いじゃん」と思えるようになりました。

楽しく続けられる運動はダイエットできて当然です。
「楽しい!気持ちいい!」と夢中になれる運動をやってみてください。

気が付いたら“女性の前で脱いでも恥ずかしくないカッコイイ体”をあなたは手に入れています。

有酸素運動と無酸素運動どっちが良いの?

%ef%bc%92

ダイエットする時によく出てくるのが有酸素運動と無酸素運動です。
有酸素運動はウォーキング、水泳など長く続けられる物です。
無酸素運動はきつい筋トレ、短距離走など長く続けられない物です。

僕がオススメするのは有酸素運動です。
・心が折れそうになるきつい筋トレ
・すぐ息が切れる短距離走
は続けられませんよね。

続けられない運動はダイエットに適していません。
もしダイエットが成功しても怪我をしたら困ります。
「ダイエットしようとして怪我しちゃったんだよね」なんて恥ずかしくて周りに言えないですよね。

普段運動していない人がいきなり無酸素運動に取り組むのはオススメできません。
無酸素運動をしたい時でもまず有酸素運動をして欲しいです。
体が運動に慣れてきたら無酸素運動にも取り組んでください。

効果的な有酸素運動3選

%ef%bc%93

今回お話しする有酸素運動はかなり簡単な物です。
一気にダイエットする方法はあります。

ですがやせるスピードを求めれば求めるほどツラくなってきます。
運動が嫌いになる一番の原因は「ツラいから」です。

あなたも学生時代の部活や体育でツラい経験をした事ありませんか?
・10kmマラソン
・100mダッシュ100本
など僕はもうやりたくありません(;^_^

ツラい運動は続けられません。続けられない運動はダイエットで意味がありません。
「1ヶ月で3kgやせたけど運動をやめて半年で5kg太った」という事が起きます。
運動でダイエットする時に大切なのは「楽しみながら続ける事」です。

一ヶ月で0.5kgしかやせなくても良いです。
1年で6kgもやせられるのですから。6kgやせたらかなり変わりますよね。

1年も続けていたら体が運動になれます。
それくらい続けられたなら無酸素運動にもチャレンジしてみてください。

筋トレなどにチャレンジすると「さらにかっこいい理想の肉体」を手に入れられるようになります。

①バランスボール

運動を取り入れる時に大切なのが「できるだけ今の生活を変えない」です。
いきなり「毎日3時間ランニングしろ」なんて言われても続かないですよね。

バランスボールは座っているだけでダイエットできます。
テレビを見ている時、食事をしている時などいつでもどこでもできます。

・体幹強化
・バランス力アップ
・有酸素運動
が大きなメリットですね。

「バランスを取ろうとする」というのは良い運動になります。
・バランスボールに座って弾む
・足を地面から離す
などをすればもっと効果的です。

時間がかからなくて楽しいのでずっと続けられます。
こんな簡単にダイエットできるのはうれしいですよね。

②ウォーキング、ジョギング

“ダイエット”と聞くと多くの人はランニングを思い浮かべます。
確かにランニングは消費カロリーが多いです。

ですが「走らないといけない」という気持ちはかなり負担になります。
普段運動していない人が走り続けるのは大変ですよね。

まずはウォーキングから始めましょう。
ウォーキングだけでも沢山のメリットがあります。

・やせやすい体質になる
・骨が強くなる

・脳が活性化する
・ストレス解消
・筋肉がつくなどです。

朝にウォーキングすると・一日をスッキリ始められる
・勉強、仕事の効率が上がる・リラックス
という効果もあります。

実は脂肪が燃えるのは運動中だけではありません。
“運動した後”も普段より脂肪燃焼効果が高くなります。
朝にウォーキングしておけば昼も普段より脂肪燃焼効果が高くなるのはうれしいですね。

「ダイエットするならウォーキングよりもランニングの方が良いのでは?」と思うかもしれません。

確かにランニングの方が脂肪燃焼効果は高いです。
ですが“続ける事”を考えたらウォーキングで十分です。

別にジョギング、ランニングとレベルを上げていかなくて良いです。
ランニングをしたい気分の時はランニングをして良いです。

ランニングをする時は「”走らなければならないから走る”という義務」ではなく「”走りたいから走る”という欲求」を大切にしてください。

スピードを落としても良いです、歩いても良いです。
立ち止まらなければあなたは着実に成長しています。

「歩いても良い」という考えを忘れないでください。
「疲れたら歩けば良いんだ」という気持ちの余裕がランニングを楽しくします。
楽しいのでずっと続けられて理想の肉体を手に入れられるのは時間の問題です。

「でも時間が無いよ」とあなたは思うかもしれません。
ウォーキングの時間を新しく作る必要はありません。

今の生活そのままでウォーキングを取り入れてください。
・普段エスカレーターを使っているなら階段に変える
・近くは車ではなく歩いていくなどです。

こうすれば簡単にウォーキングをする時間ができますよね。
最初は無理しなくて良いです。
「楽しい、気持ちいい」というくらいがちょうど良いです。

③水泳

夏は水泳がオススメです。
冷たい水で気持ちよく泳ぐのは陸上では味わえない爽快感を味わえます。

暑い時期のウォーキングやジョギングは
すぐ汗をかきますし気温が高いのですぐだれてきます。
熱射病になる可能性もあります。

「でもプールに行くのめんどくさい」と思うかもしれません。
ですがこれから話す“水泳の効果”を聞けば
そんな事は思わなくなるでしょう。

陸上で生きている僕らでは考えられないメリットが水泳にはあります。
そのメリットを生み出している秘密は”水の抵抗”です。
メリットを見てみましょう。

・陸上より脂肪燃焼しやすい
・筋肉がつく

・ストレス解消
・水圧による全身マッサージ

・毒素排出
・インナーマッスルの強化
・水中ウォーキングでも全身運動ができる

・姿勢が良くなる
・脳が活性化する

・心肺機能が上がる
・疲労回復
・水着美女がいる可能性がある

運動してマッサージできたり疲労回復するのはうれしいです。
普通は運動すると疲れるのが当たり前です。水泳は逆に回復します。
「朝はウォーキング、昼は水泳」と組み合わせるのも良いですね。

男なら水着美女がいるとモチベーション上がりますよね。
「普段は見れない女性の姿」を見るのは素晴らしい刺激になります。

自分も水着になるので「かっこいい体になろう」という思いも強まります。
食事を気を付けたり運動するようになるのでオススメです。

水泳は病気にも効果があります。
・ぜんそく
・心臓病

・動脈硬化
・認知症などです。

泳がなくても歩くだけで十分です。
夏はプールに入るととても気持ちいいです。一度試してください。

まとめ

ツラい運動をする必要はありません。運動は本来楽しい物です。
「運動はツラい」という思い込みがあるのはやり方が間違っていただけです。

今回の記事で3つ運動を紹介しました。
「面白そう、楽しそう」と思う物、あなたに合う物をやってみてください。

それがあなたにピッタリの運動法です。
続けていれば結果が出るのは時間の問題です。

コメントを残す